読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外部記憶装置│雑感

書き留めておきたいことをいろいろと

2015年映画ベスト10本

twitterでこの手のタグに参加したのは2015年がはじめてかもしれない。2015年は30本を少し超えるぐらい見ました。映画好きのひとから比べるとすごく少ないし、見たかった映画を全部見た訳でもないんですけどね。私にしては多かったのよ。だから参加してもいいかなと思ったのよ。
で、たったそれだけの本数でも10本選ぶのは難しい。ベスト1だけが決まってて、あとは、「好きなもの」「出来がいいもの」混合の選択になりました。選んだもののあまり納得はいってないんですが、1回選んだからには覆さないようにしよう…と思ってここに記録しておきます。内容はうっすいですので何の参考にはなりませんご了承ください。

1位)マッドマックス 怒りのデスロード

これは文句なくぶっちぎりで。
いわゆるV8でした(8回見た)。これが少ないなと思うほど、見てるひとは二桁当たり前で見に行かれてましたよね。最初に見た映画館は忘れもしないトーホーの新宿で、シアター9(ドルビーアトモスの)です。金曜日で、大好きなNEWSがMステに出る時間にチケットを取ってしまってアチャーってなったのを覚えてます。
初見のときは訳がわからず、家に帰って、すでに見ていたオットに「…ギターすごかった」ぐらいしか感想言ってなかったと思う。でも、見終わった後どんどんキャラクターが気になって、特にスプレンディドをもう1回見たくて、それにtwitterで話題だし、と立川シネマツーに行きました。そこでシネマツー爆音とMMFRにハマってしまった。
上層に配置されたバカバカしい設定とヒャッハーなテンション、それを1枚1枚めくると見える「We are not things」。男が女に肩を貸して女が銃をぶっ放す。見るたびに発見があり、見るたびに深まる、何層にもなる綿密な仕掛け。最小限のセリフ。そう、実際の人間なんてそんなに語ったりしないんだ。行動と視線とその人の人となりと言葉なく見せる背景で全てを語る。なんだこの映画。イモータンジョーがワイブスの部屋へ行くその間に見せる水耕栽培など、言葉で説明はせずとも映像で納得させる。深く繊細に組み立てながらも硝煙とエンジン音とドラムとギターで砂漠を疾走する。こんな高度な映画は見たことがないと思った。そして、ノンストレスだった。女が人として描かれていたから。
シネマツーは前から2〜3列目中央が好きでした。あのウーハー真ん前の1列目でも見たけどさすがにスクリーン見上げるのは見づらい。とはいえテーマパークのアトラクション感が強くなってドライブシュミレーターみたいだったし「フィリオサー!ウォーリグ乗せてくれー!」な感じで楽しかったけどね。
関西在住の友達がわざわざ立川に見に来たのも面白かったなー。どこぞからダウンロードしたシナリオをiBookに入れて持ち歩いて読んでるなんて映画今までなかったですよ…笑


以下順不同。

スターウォーズ フォースの覚醒

EP1〜3のアレのアレな感じから警戒して「ミレニアムファルコンが飛んでてオスカーアイザックが出るんだからそれだけで満足なはずだ…」と予防線張って見に行ったんですけども、すんげええ楽しかった。すんげえ楽しい映画にしてくれてありがとう! オスカーあんなに明るいかっこいいナイスガイで登場するとも思ってなくてありがと! ポー! ポーかっこいいよポー! レイは強すぎるしフィンはアホだしBB8はあざといし相変わらずレイアは出来る戦う女だしハンソロは確かにハンソロ(仕事できるんだか出来ないんだかの)だったし、チューイとの掛け合いは最高だったしチューイは男前だった!カイロレンは厨二で弱いわ、キャプテンファズマは何だったんだとか(中のひとはグウェンドリンですよ!ゲームオブスローンズのブライエニー!英語がエレガントなんだ)とにかくも物凄く楽しかった。これだ!これを求めていたんだ!求めていたものをちゃんと提供してきた!  …BB8ってめっちゃディズニーキャラクターだったよね? いや、いいことですよ。ああいう掛け合いは必要だよ。うん。ああ楽しかった。…。うっかり3回みちゃった。まだ見たい。ずっと見たい。

ミッションインポッシブル ローグネイション

MIはじめてみたんですよ…。RNのそつのない完璧さに今まで見てなかったことを後悔した。MI他に何見ればいいすかね? サイモン・ペグとジェレミー・レナーとレベッカファーガソン素晴らしかったけど一番すごいのはやっぱりトムなんだろうな。1ミリも好みじゃないけどこれからトムは見ようかなと思った…。やっぱわし、枯れたおっさん好きだから、トムはこれから私の守備範囲なのかもしれん。

ひつじのショーン

ウォレスとグルミットが好きでアードマン好きで一時期NHKのショーンも毎回録画してました。長編アニメになってどうかしらと思いましたけども素晴らしい作品でしたね。行きて帰りし物語、MMFRと同じ。人形劇版MMFRだというひともいらっしゃいましたが同感でございます。

はじまりのうた

公開時に逃したので名画座で見たんですけど見てよかったー。ただ歌を歌っていたい女性とやさぐれプロデューサー。マーク・ラファロ演じるプロデューサーが徹底してキーラ演ずる女性をシンガー、ミュージシャンとしか見てないところも素晴らしくて。下世話な作品だとそこで女として見て恋愛が入ったりしそうなものなのに。キーラの歌声も、普通に役者やってるアダムレヴィーンも素敵だし、ゲリラ的MVを撮って歩く楽しさ、歌とその周りの人間たちの多幸感。優しい優しい映画でしたー。

パレードへようこそ

身近なひとから、あなたはこれ見なきゃダメだって言われまして。炭鉱労働者とLGBTが手を組む話。UKの北部、寂れていく炭鉱の映画といえばフルモンティブラス!かしら。ああいう背景の映画。史実が元であり、それだからこそ勇気をもらえる作品でした。これも公開時逃してしまい後から名画座で見たのですけど、国会前デモに参加した後だったので自分としては胸に迫るものがありましたです。明るく前向きで頭良く楽しいおばちゃんたちがかわいくて、それからビルナイがとても素敵でした。

真夜中のゆりかご

ゲームオブスローンズのジェイミー・ラニスターをやっているニコライ・コスター・ワルドー主演作。だから見に行きました。信用しているトーホーシャンテでやってるからというのもあり。警察官の男が自分の赤ん坊を亡くし、仕事で出会った育児放棄されている赤ん坊とすり替える…。サスペンスなんでしょうけど人間ドラマ。愛しているが上に誤った選択をしてしまう辛さ、どうしようもなく起こる悲劇に対する際の人間とは…。丁寧に作られていて良作でした。上映館少なかったけどこれは多くのひとに見て欲しいなー。あとニコライめたくそイケ。癖のあるジェイミーとちがって誠実で優しい素敵な配偶者役。ニコライのあかんぼ扱いにうっとりしたわ。

博士と彼女のセオリー

ホーキング博士とその奥様だったひとのはなし。エディ・レッドメインの演技力たるや! 以上!

コードネームU.N.C.L.E.

だってバディムービー好きなんだもん。ガイリッチーのホームズ好きだったんだもん。
笑いとかっこよさとおしゃれさと全部つまっててさすがのガイリチでしたー。円盤はやく!はやく!この年4つのスパイ映画があって、出来はMI:RNが1番だけど好き嫌いでいったらU.N.C.L.E.が1番なので、ベスト10本に入れてしまったであるよ…。

アメリカン・ドリーマー

これもトーホーシャンテ&見たい俳優の映画案件。インサイドルーウィンデイヴィスでこの人の他の演技も見なければ!と心の赤ペンでぐりぐりマークしたオスカー・アイザック主演。80年代NYで石油販売を行う実業家が同業者にハメられていくっていう。なかなか先読みが出来ない映画で面白かったです。オスカーの映画は2015年は3本見たんだなぁ(あと1本はヴィゴと共演した「ギリシャに消えた嘘」。このオスカーも素敵!)


ここになんであれ入ってないんだ…っていうのはいっぱいあるんですが…バードマンとかさ…。Mommyは、りあるかーちゃん業やってる身として見ると、良い作品だけどオンナコドモしか出てこなくて辛かったー。博士と彼女の〜を10本に入れるならイミテーションゲームはなんで入れないんだよ、とか、「わたしに会うまでの1600キロ」もすごく好きなんですよ! 見てよかった、今後の糧になる映画でしたもん。
とにかく楽しい1年でした。いい映画いっぱいあったですね。大好きなSean Beanを映画館で2回みたし(作品はちょっとあの…なのですが 笑)。今年は2月にショーンをスクリーンで見られるんだよーヽ(・∀・)ノ 「オデッセイ」で。わくわく。